emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami High School SSH Website
愛媛県立松山南高等学校SSHホームページ
 
We are deeply saddened to learn of the major earthquake that struck eastern Taiwan.
We would like to express our sorrow and condolences to those affected. We all pray for their prompt recovery from the bottom of our heart.
  ―Teachers and students in Matsuyama Minami high school


お知らせ
 理数科2年菅野優海さんは,インドネシアで開催されるアジアサイエンスキャンプ2018
(8/3~8/9)の日本派遣団に選抜されました
 理数科2年木村凪さんは,広島大学が主催する
グローバルサイエンスキャンパス広島 ステップステージに進出しました
 
「数学甲子園2018」岡山予選に2、3年生20名が参加しました     「ひらめき☆ときめきサイエンス」高知大学に理数科2名が参加しました
 理数科2年池田夢叶さん、菅野優海さんは、日本の代表としてアジア太平洋科学才能フォーラムに参加しました 
 
平成30年度理数系教員育成支援プログラムの御案内(理数系教員を目指している大学生の皆さんへ)
 

松山南高SSH事業について

 高等学校等において、先進的な理数教育を実施するとともに、高大接続の在り方について大学との共同研究や、国際性を育むための取組や、創造性、独創性を高める指導方法、教材の開発等の取組を実施するため、文部科学省は「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」を指定しています。本校は、SSH事業がスタートした平成14年度から本年度に至るまで、4期連続して指定を受け、研究実践に取り組んでおり、17年目を迎えています。2018年現在、本校を含めて全国で204校が指定を受けています。日々の活動の様子はこちらから御覧ください。

 

最新の松南SSH日記

SSH日記 >> 記事詳細

2018/08/09new

平成30年度SSH生徒研究発表会(神戸)

Tweet ThisSend to Facebook | by hp-admin

昨日より神戸国際展示場で平成30年度SSH生徒研究発表会が行われています。発表会には国内から208校、海外から26校が参加しています。本校からは理数科3年物理ガウス加速器班2名と理数科2年生2名が参加しています。開会式、東京理科大学特任副学長の秋山仁先生による基調講演の後、午前・午後合わせて5時間以上のポスター発表がありました。たくさんの方々に説明をし、さまざま視点からの質問や助言をいただきました。長時間の疲れも忘れてしまうほどの熱気の中、あっという間に時間が過ぎて、大変勉強になりました。また、海外招聘校の発表も多く聞くことができ、英語での説明を一生懸命聞き、質問をしたりいろいろな会話をしたりすることもできました。明日は全体から選ばれた6校のステージ発表があります。
 

     秋山仁先生の基調講演              ポスター時発表、審査中です
 
  海外校(フィリピン)の発表を聞いています        午後からは2年生も発表にチャレンジ


18:19