emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami HighSchool SSHWebsite  

    
 

Language selection

言語の選択:


COUNTER(Since 2018)

COUNTER418420

お問い合わせ(CONTACT)

松山南高等学校
Matsuyama Minami High School

愛媛県松山市末広町11-1
 11-1, Suehiro-cho,
    Matsuyama-shi,
       Ehime, JAPAN

 TEL: +81-89-941-5431
 FAX: +81-89-933-3114

map
   (go to google map)
 

松南SSH Topics

2021.06.15:産学連携データマーケティング教育プログラム⑦【購買データに基づく売上向上のための施策ついて】を実施しました
2021.06.08:産学連携データマーケティング教育プログラム⑥【小売業における販促について】を実施しました
2021.06.01:産学連携データマーケティング教育プログラム⑤【販促について】を実施しました
2021.05.26:【一人一台端末の活用】学校設定科目「データサイエンスⅠ」が本格的に始まりました
2021.05.25:産学連携データマーケティング教育プログラム④【フジ藤原店のターゲット顧客について発表】を実施しました
2021.05.12:産学連携データマーケティング教育プログラム③【顧客理解について】を実施しました
2021.04.28:理数科2年生が、SSH第2期卒業生が勤務する大学研究室と連携し、課題研究を進めています
2021.04.12:【一人一台端末の活用】学校設定科目「データサイエンスⅡ」が本格的にはじまりました
2021.04.12:産学連携データマーケティング教育プログラム②【フィールドワーク】を実施しました
 

松山南高SSH事業について

 高等学校等において、先進的な理数教育を実施するとともに、高大接続の在り方について大学との共同研究や、国際性を育むための取組や、創造性、独創性を高める指導方法、教材の開発等の取組を実施するため、文部科学省は「スーパーサイエンスハイスクール(SSH」を指定しています。本校は、SSH事業がスタートした平成14年度から本年度に至るまで、5期20年連続して指定を受け、研究実践に取り組んでいます。4期にわたる指定が必要な第5期の先導的改革型(令和2年度採択)には、全国で、本校と立命館高等学校の2校が指定を受けています。研究開発課題を新しい価値を創生する国際競争力を持った科学技術人材育成-Society5.0の実現に向けたSTEAM教育-」とし、リーディング校として取り組んでまいります
 第5期SSHの概要はこちら
になります。松山南高校におけるSTEAM教育はこちらになります。また、生徒は一人一台ノートパソコン等の活用で、研究活動を推進しています。なお、松南SSH英語版ホームページは、日本語ページの英訳ではなく、参加した生徒が考えたことや思ったことを掲載することとし、生徒が更新しています。

  日々の活動の様子はこちら    科学系コンテスト等の結果はこちら  松南SSH英語版ホームページはこちら

 

最新の松南SSH日記

SSH日記 >> 記事詳細

2021/01/29

英語プレゼン研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 1月28日に松山南高校で、理数科1年生による英語プレゼン研究発表会が行われました。1年間研究したことを、全て英語で発表します。新型コロナウイルスの影響で、6月から本格的に高校生活が始まり、その最初の課題研究が、2年生の英語プレゼン発表見学でした。堂々と英語で発表し、クラスの外国籍生徒と英語でディスカッションする姿に圧倒され、自信を失ったときから、約7か月が経ち自分たちの番がやってきました。
 プレゼン自体は、事前に選ばれた「地学班、生物班、数学班」の3班でしたが、その後に質疑応答では、普段あまり手をあげない生徒も積極的に英語で質問し、非常に活発なプレゼン大会になりました。また、普段英語が苦手な生徒が一生懸命英語で発表する姿は非常に輝いて見えました。
 また、愛媛大学から3名の外国人講師の方々をお招きし、発表や質疑応答の様子にコメントをいただきました。プレゼン発表そのものが初めてにも関わらず、英語で発表したため、まだまだ改善しないといけないスピード感やスライドのまとめ方など課題はありましたが、「一生懸命何とか英語でコミュニケーションを取ろうとする積極性が素晴らしい。ぜひ、愛媛大学で一緒に学びましょう。」とほめていただきました。
 代表班の生徒や司会の生徒は、冬休みなどを利用して10分の発表のためにかなりの時間を費やしてきました。今回の苦労は、きっと今後の自信となって、未来の研究者としての糧になったと思います。
         
15:14 | 研究発表