emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami High School SSH Website
 
言語の選択:


お問い合わせ(CONTACT)

松山南高等学校
Matsuyama Minami High School

愛媛県松山市末広町11-1
 11-1, Suehiro-cho,
    Matsuyama-shi,
       Ehime, JAPAN

 TEL: +81-89-941-5431
 FAX: +81-89-933-3114

map
   (go to google map)
 

COUNTER

COUNTER56718
松南SSH Topics
 本校理数科3年1名が、「トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」」に採用され、SSH1期生が勤務するコネチカット大学に留学することになりました。
 eGS(愛媛大学グローバルサイエンスキャンパス)で本校理数科生徒がニュージーランドへ派遣されました。 
 スーパーサイエンスハイスクール研究開発実施報告書 第4年次(平成30年度)を掲載しました。
 第9回データビジネス創造コンテスト~Digital Innovators Grand Prix 9~(慶應義塾大学・日本文教出版主催))最終審査会で上位入賞
 第17回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞において、優秀賞・努力賞・学校奨励賞を受賞しました。
 平成30年度松山南高等学校SSH研究成果報告会がひめぎんホールで開催され、西条高校、宇和島東高校とともに研究発表を行いました。
 SSHアメリカ研修で、本校SSH1期生 萬井氏が助教授として勤務する州立コネチカット大学を訪問し、研修しました
 本校が関係機関と連携し、えひめ高校生SDGsミーテイング2019を開催しました。

 理数科2年1名が、グローバルサイエンスキャンパス広島(広島大学) 最終ステージ(ジャンプステージ)に進出しました
 理数科1・2年生6名が、愛媛大学グローバルサイエンスキャンパス(eGS)最終ステージに進出しました
 普通科2年生の課題研究が、地方創生☆政策アイデアコンテスト2018(内閣府主催)全国ファイナリストになり、TrueData賞を受賞しました
 理数科2年1名が、アジアサイエンスキャンプ2018
(インドネシアで開催)の日本派遣団に選抜され参加しました
 理数科2年2名が、日本の代表としてアジア太平洋科学才能フォーラムに参加しました 
 普通科2年生の課題研究が、統計データ分析コンペティション(総務省主催)日本統計協会賞(全国3位)を受賞しました
 

松山南高SSH事業について

 高等学校等において、先進的な理数教育を実施するとともに、高大接続の在り方について大学との共同研究や、国際性を育むための取組や、創造性、独創性を高める指導方法、教材の開発等の取組を実施するため、文部科学省は「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」を指定しています。本校は、SSH事業がスタートした平成14年度から本年度に至るまで、4期連続して指定を受け、研究実践に取り組んでおり、18年目を迎えています。2019年現在、本校を含めて全国で212校が指定を受けています。
  日々の活動の様子はこちらです。    科学系コンテスト等の結果はこちらです 
 過去の課題研究はこちらです。   松南SSH英語版のページはこちらです。

 

最新の松南SSH日記

SSH日記 >> 記事詳細

2018/11/07

11月6日(火) 梅の実の灰に興味深い発色!

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 砥部焼梅ちゃんズが必死で取り組んできた梅の実の灰が出来上がり、砥部分校の烏谷先生の御協力でテストピースが焼きあがりました。興味深いことに灰80%と福島長石との混合率で最も強い発色があり、灰だけでも有効な発色がありませんでした。加えて、透明な釉薬で覆うと焼きあがった時に色が消えてしまいました。
 今後、成分分析とともに梅の実の発色の仕組みの解明、ギンナンの実の発色との比較などの研究をしてみたいと思います。
  梅の実の発色
  色が消えた!!

13:32 | 課題研究