emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami HighSchool SSH Website

                                                 
 
言語の選択:


お問い合わせ(CONTACT)

松山南高等学校
Matsuyama Minami High School

愛媛県松山市末広町11-1
 11-1, Suehiro-cho,
    Matsuyama-shi,
       Ehime, JAPAN

 TEL: +81-89-941-5431
 FAX: +81-89-933-3114

map
   (go to google map)
 

COUNTER

COUNTER250236

松南SSH Topics

2020.08.05:第44回全国高等学校総合文化祭・2020こうち総文に本校生徒が愛媛県代表として参加しています
2020.08.03:WiDS HIROSHIMAアイデアソン2020(広島大学)で本校生徒がファイナリストに選出されました
2020.08.03:理数科生徒によるスーパーサイエンス(SS)交流会の様子をYouTubeにアップしました
2020.07.24:第6回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会で愛媛県知事賞を受賞しました
2020.07.22:理数科1~3年生が集まり、課題研究や関西研修の成果を発表するSS交流会を実施しました
2020.07.10:慶應義塾大学SFC「データビジネス創造コンソーシアム第20回勉強会」に本校生徒、教員が参加しました
2020.07.05:本校と県内15高校135名の生徒をつなぎ、リモートで科学研究研修会を実施しました
2020.07.03:ビッグデータホルダー企業と連携し、購買データ分析課題研究発表会を実施しました
2020.07.01:本校教員が第16 回日本統計学会統計教育賞を受賞しました
2020.06.15:「SDG4 質の高い教育をみんなに」を達成するために高校生会議を行いました
2020.06.09:普通科2年生CR(チャレンジリサーチ)で課題解決のための統計手法を学びました
2020.06.05:第5期SSHから新規に開設した学校設定科目「データサイエンス」がスタートしました
2020.05.19:全教職員を対象に、データサイエンス教職員研修会を実施しました
2020.04.08:日本統計学会主催 第9回スポーツデータ解析コンペティション中等教育部門で最優秀賞を受賞
2020.03.31:文部科学省から令和2年度スーパーサイエンスハイスクール指定校(先導的改革型)の内定をいただきました
 ※ 4月以前のSSHTopicsはこちらです
 

松山南高SSH事業について

 高等学校等において、先進的な理数教育を実施するとともに、高大接続の在り方について大学との共同研究や、国際性を育むための取組や、創造性、独創性を高める指導方法、教材の開発等の取組を実施するため、文部科学省は「スーパーサイエンスハイスクール(SSH」を指定しています。
 本校は、SSH事業がスタートした平成14年度から本年度に至るまで、5期19年連続して指定を受け、研究実践に取り組んでいます。4期にわたる指定が必要な第5期の先導的改革型には、全国で、本校と立命館高等学校の2校が指定を受けました。
研究開発課題を新しい価値を創生する国際競争力を持った科学技術人材育成-Society5.0の実現に向けたSTEAM教育-」とし、リーディング校として取り組んでまいります。第5期SSHの概要はこちらになります。
 なお、松南SSH英語版ホームページは、生徒が更新しています。

  日々の活動の様子はこちら    科学系コンテスト等の結果はこちら  松南SSH英語版ホームページはこちら

 

最新の松南SSH日記

SSH日記 >> 記事詳細

2019/12/06

英語プレゼン発表会(令和2年1月30日実施)に向けての事前研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 12月5日のSSは、愛媛大学より2名の外国人研究者を講師としてお招きして、英語プレゼン発表会(令和2年1月30日実施)に向けての事前研修会を行いました。お招きしたのは、地球深部ダイナミクスセンター特定研究員のRITTERBEX SEBASTIAN氏とプロテオサイエンスセンター特定研究員のKANOI BERNARD 氏です。それぞれ2名の先生に英語でご自身の研究について講義をしていただきながら、英語プレゼンテーションの見本を見せていただきました。講義の内容はもちろんのこと、身振り手振り、顔の表情、言葉の抑揚、時には聴衆に質問を投げたり、工夫されたプレゼンテーションの資料など、全てを巧みに用いて、伝えたいことがしっかりと伝わってくる講義に感心しました。講義の後は、英語でプレゼンテーションを行う代表班の生徒たちが、先生方を囲んで、英語で質問を行い、プレゼンテーションのノウハウを学んでいました。本番に向けて研究を進めるとともに、教えていただいたことをしっかりと研究発表に生かせるように準備に努めます。
       
07:35 | 課題研究