emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami HighSchool SSHWebsite  

 
         
 

Language selection

言語の選択:


COUNTER(Since 2018)

COUNTER336651

お問い合わせ(CONTACT)

松山南高等学校
Matsuyama Minami High School

愛媛県松山市末広町11-1
 11-1, Suehiro-cho,
    Matsuyama-shi,
       Ehime, JAPAN

 TEL: +81-89-941-5431
 FAX: +81-89-933-3114

map
   (go to google map)
 

松南SSH Topics

2020.12.23:第19回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞で2作品が入賞しました
2020.12.16:理数科1年生が先進的な研究機関を訪問するアドバンストサイエンス研修を実施しました
2020.12.14:愛媛大学と連携し、令和2年度えひめ高校生SDGsミーティング第2回を開催しました
2020.12.12:RESAS de 地域探究実践校 「探Q!RESAS-成果発表会-」で本校1年生が研究発表しました
2020.12.10:第64回全国学芸サイエンスコンクール 自然科学研究部門で旺文社赤尾好夫記念賞を受賞しました 
2020.11.26:筑波大学主催 朝永振一郎記念第15回科学の芽賞で2作品が入賞及び学校奨励賞を受賞しました
2020.11.15:北海道大学主催「海の宝アカデミックコンテスト2020 全国大会」マリン・サイエンス部門で入賞しました
2020.11.14:第34回愛媛県高等学校総合文化祭自然科学部門発表会で優秀賞を受賞し、全国大会に出場することになりました
2020.11.12:慶應義塾大学データビジネス創造・ラボ主催 データビジネス創造コンソーシアム第21回勉強会に参加しました
2020.11.07:滋賀大学データサイエンス学部 姫野哲人先生による「データサイエンス講演会」を行いました
2020.11.05:広島大学グローバルサイエンスキャンパスステップステージ課題研究発表会が行われました
 ※ 10月以前のSSHTopicsはこちらです
 

松山南高SSH事業について

 高等学校等において、先進的な理数教育を実施するとともに、高大接続の在り方について大学との共同研究や、国際性を育むための取組や、創造性、独創性を高める指導方法、教材の開発等の取組を実施するため、文部科学省は「スーパーサイエンスハイスクール(SSH」を指定しています。
 本校は、SSH事業がスタートした平成14年度から本年度に至るまで、5期19年連続して指定を受け、研究実践に取り組んでいます。4期にわたる指定が必要な第5期の先導的改革型には、全国で、本校と立命館高等学校の2校が指定を受けました。
研究開発課題を新しい価値を創生する国際競争力を持った科学技術人材育成-Society5.0の実現に向けたSTEAM教育-」とし、リーディング校として取り組んでまいります。第5期SSHの概要はこちらになります。松山南高校におけるSTEAM教育はこちらになります。また、生徒はMicrosoft Office365 Education」等の活用で、研究活動を推進していきます。なお、松南SSH英語版ホームページは、日本語ページの英訳ではなく、参加した生徒が考えたことや思ったことを掲載することとし、生徒が更新しています。

  日々の活動の様子はこちら    科学系コンテスト等の結果はこちら  松南SSH英語版ホームページはこちら

 

最新の松南SSH日記

SSH日記 >> 記事詳細

2019/08/06

2019数学甲子園

Tweet ThisSend to Facebook | by hp-admin

 7月31日(水)に岡山で行われました「数学甲子園2019」の予選に、本校からも3チーム12名(2・3年生、普通科・理数科)が参加しました。全国を12ブロックに分け、愛媛県は中四国ブロックに入ります。今回で12回目を迎える数学甲子園はこの10年間で出場チーム校数が急激に増えており、岡山の会場には200名以上参加するなど大変な熱気でした。
  本校の数学の精鋭たちも暑い中、難しい問題に一生懸命取り組み、頑張りました。この経験を生かして、これからも数学に興味関心を持ち続けてほしいと思います。


09:09