emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami HighSchool SSH Website

                                                 
 
言語の選択:


お問い合わせ(CONTACT)

松山南高等学校
Matsuyama Minami High School

愛媛県松山市末広町11-1
 11-1, Suehiro-cho,
    Matsuyama-shi,
       Ehime, JAPAN

 TEL: +81-89-941-5431
 FAX: +81-89-933-3114

map
   (go to google map)
 

COUNTER

COUNTER231789

お知らせ

 第5期から新規に開設した学校設定科目「データサイエンス」で取り組む課題研究
 普通科1年生(令和2年度入学)
 学校設定科目「データサイエンス(DS)」
 普通科全生徒に課題研究を、新たに設置した学校設定科目「データサイエンス(DS)」で取り組ませ、課題解決の手法に様々な統計処理を行わせることで、論理的で説得力のある課題解決策が提案できるようする。
 導入段階としてビッグデータホルダー企業である(株)True Dataと連携し、企業が所有する購買データ(ID-POSデータ)を用い、興味・関心を持たせながら買い物という身近なデータに関する統計処理を学ばせ、論理的な顧客動向分析を行わせる。
 その後、人口動態、産業構造、観光資源等を可視化できるWebアプリケーションであるRESAS(地域経済分析システム)を用い、各自が設定したテーマで課題研究を実施する。
 2年次には、生徒が考える日本や地域の様々な課題(防災、人口、子育て、医療、観光、高齢化等)を解決する具体的な方法を政府統計ポータルサイトe-Stat、自治体のオープンデータ等を用いて提案させる。
 このような課題研究を全校生徒に取り組ませることで、新しい価値を創生するために必要な幅広い視野や多角的なものの考え方、柔軟な発想力、論理的思考力を養い、教科横断的で文系、理系の枠を越えたデータ利活用人材を育成していく。
             
 
 ※「データで学ぶ!統計・データサイエンス活用授業のための教材」へのリンクはこちらです。

《データサイエンス教員研修会》
〇令和2年5月19日
 第5期から新規に開設された
学校設定科目「データサイエンス」について教職員内での共通理解を図るため、本校教員を講師に研修会を実施しました。各教員は、実際にWebアプリケーションであるRESAS(地域経済分析システム)を使いながら、生徒にどのように考えさせていくか、その手法を学びました。
         

授業の様子 
学校設定科目「データサイエンス」スタート
 ①令和2年6月5日の1年4組、1年8組の様子
 今週から、各クラスでデータサイエンスの授業がスタートしました。

 本日は、まず、内閣府主催「地方創生☆政策アイデアコンテスト」で全国大会ファイナリスト(全国ベスト4)になった本校の先輩が全国大会で発表しているYouTubeを各自で見て、この研究のオリジナリティあふれるところや論理的な提案について協議しました。データ解析の方法はもちろん、課題解決のための着眼点のすばらしさを実感し、自分たちのデータサイエンスの課題研究の着地点を理解しました。
 次に、
人口動態、産業構造、観光資源等を可視化できるWebアプリケーションであるRESAS(地域経済分析システム)の使い方を学びました。具体的には、「2018年における松山市への転入者、転出者の地域別人数が分かるグラフ等を作成しました。

 
 
 
 
 


〇令和2年6月9日 2年生CR(チャレンジリサーチ)
 学校設定科目としてのデータサイエンスは、1年生から始まりましたが、2年生のCRにおいても、統計の手法を取り入れたデータ解析をするグループもあるということで、先行的に、RESASだけでなく、e-Statの使い方について説明をしました。2年生も課題研究スタートです。
        

〇令和2年6月4日 理数科1年生においても、データ処理の方法を学ばせるために、学校設定科目スーパーサイエンスの時間に、データサイエンスについて取り組みました。データやグラフの見方について講義を受けた後、地域経済分析システム(RESAS:リーサス)のデータを用いて、愛媛県への観光客を増やすために訪日外国人対象の観光プランを考えるという課題に取り組みました。