emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami High School SSH Website
 

松山南高SSHの概要


 松山南高 第4期SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業の概要について

1 研究開発課題
  「持続可能な発展のための科学教育 SESD
                 (Science Education for Sustainable Development)


2 概念図   松山南高SSHの概要(拡大図)



3 研究開発の概要
①理数科全員を対象とした特例措置による学校設定科目「スーパーサイエンス」に加え、普通科全員を対象として総合的な学習の時間「チャレンジリサーチ」を設け、全校体制で、課題研究等を実施する。
②生徒のキャリアデザイン能力を育成するために、地域の大学、研究機関、企業と連携したプログラムを研究開発する。
③課題研究やキャリアデザイン能力開発の支援を行うために、本校SSH卒業生によるメンター制度を充実させる。
④高大連携事業を更に深化させた高大接続に関する研究開発を行う。
⑤国際性を養いコミュニケーション能力を高めるために、海外科学交流を継続的なものとなるようにする。
⑥県下高校の科学交流ネットワークを構築するとともに、小中学校への科学クラブ支援等を行い、SSHの成果普及を図る。
⑦四国のジオパークを核とした四国サイエンスコンソーシアムの構築に向けた研究開発を行う。
⑧生徒の変容を客観的に捉え、SSH事業の在り方を改善する評価法を開発する。