Ehime Prefectural Matsuyama Minami HighSchool SSHWebsite  

          
 

Language selection

言語の選択:


COUNTER(Since 2018)

COUNTER788160

お問い合わせ(CONTACT)

松山南高等学校
Matsuyama Minami High School

愛媛県松山市末広町11-1
 11-1, Suehiro-cho,
    Matsuyama-shi,
       Ehime, JAPAN

 TEL: +81-89-941-5431
 FAX: +81-89-933-3114

map
   (go to google map)
 

お知らせ

◆教科等横断型授業(指導案・ワークシート等)
 各教科における教科等横断型授業の推進

 「教科等横断型授業」とは
 Society 5.0の実現に向けて、幅広い分野で新しい価値を創生する人材を育成していくためには、「多面的に学び、考える力を育成」することが重要です。松山南高校では、一つの課題を異なる複数の教科から捉え、それらの科を結びつけ、察する学びである「教科等横断型授業」を推進しています。
現在、国際的な問題となっている「マイクロプラスチックに関する問題」でも、理科、地歴・公民、数学、外国語、家庭科など、さまざまな面から考えていくことが必要となります。本校では、授業改善推進委員会を設置し、各教科の授業改善推進リーダー、ICT活用推進リーダーを中心に教科等横断型授業やアクティブラーニングに関する授業研究を行い、公開授業や相互参観授業で先生方が研修できる仕組を構築しています。それらをもとに、全教職員が教科横断型授業に取り組んでいます。
【取組の様子】
 R4年度実践例
 R3年度
実践例
 R2年度
実践例

 本校では、各教科での学習を実社会での課題発見・解決に生かしていくテーマ(SDGs17の目標等)を設定した教科等横断型授業を、カリキュラムマネジメントの観点から年間指導計画に位置付け、異なる教科の複数の教員が協働して、全教員が年間1人1回以上、取り組むように推進しています。このような取組で、生徒は「多面的に学び、考える力」を育成しています。
 また、教科等横断型授業を推進する際、一人一台端末、教育支援アプリ、Microsoft Teams、Office365、電子黒板等を活用して、主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の実践を行っています。
 
 このような取組を推進するために、
授業改善推進委員会を設置し、各教科の授業改善推進リーダー、ICT活用推進リーダーを中心に教科等横断型授業や主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)に関する授業研究を行い、公開授業や相互参観授業で先生方が研修できる仕組を構築しています。


      

 
現在公開されているリンクリストはありません。