emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami HighSchool SSHWebsite  

    
 

Language selection

言語の選択:


COUNTER(Since 2018)

COUNTER479441

お問い合わせ(CONTACT)

松山南高等学校
Matsuyama Minami High School

愛媛県松山市末広町11-1
 11-1, Suehiro-cho,
    Matsuyama-shi,
       Ehime, JAPAN

 TEL: +81-89-941-5431
 FAX: +81-89-933-3114

map
   (go to google map)
 

お知らせ

主な成果物・成果と普及
※クリックすると該当ページに移動します。  

【主な成果物】

  
科学系コンテストの結果(SSH20年間の入賞等の成果)
  教科横断型授業、アクティブ・ラーニング(指導案・ワークシート等)(指導案・ワークシート・授業の様子等)
  課題研究論文集・課題研究ポスター・課題研究プレゼン・発表動画(課題研究の研究論文等)
  研究開発実施報告書(平成14年度から令和2年度までの報告書)

  学校設定科目「データサイエンス」教材(課題研究の指導で用いるために作成した教材)
 
「データサイエンスⅠ」
   愛媛×ビッグデータ
~えひめの未来をデータで考える~」
 〇データサイエンスⅠ「オリエンテーション」 PDFデータ PowerPointデータ
 〇データサイエンスⅠ「RESASを使ってみよう」
PDFデータ PowerPointデータ
 〇データサイエンスⅠ「PPDACサイクルを体験してみよう」
PDFデータ PowerPointデータ
 〇「データサイエンスⅡ」
    「分野別課題研究 アイディアづくり」
 〇データサイエンスⅡ「オリエンテーション アイディアづくり」 PDFデータ PowerPointデータ
 〇「データサイエンス ワークシート」
 〇「PPDACサイクルとは」 PDFデータ Wordデータ
 〇「地域課題を考えよう ワークシート」 PDFデータ Wordデータ
 〇「地域課題の解決策を提案 ワークシート」 PDFデータ Wordデータ
 〇「PPDACによる地域課題の解決策の例① (交流人口増加による愛媛県の活性化)」PDFデータ Wordデータ
 〇「PPDACによる地域課題の解決策の例② (交流人口増加による愛媛県の活性化)」PDFデータ Wordデータ
 〇「PPDACによる地域課題の解決策の例③ (交流人口増加による愛媛県の活性化)」PDFデータ Wordデータ
 〇「PPDACによる地域課題の解決策の例④ (南海トラフ地震に備えて~指定避難所と医療体制について~)」PDFデータ Wordデータ
 〇「PPDACによる地域課題の解決策の例⑤ (南海トラフ地震に備えて~指定避難所と医療体制について~)」PDFデータ Wordデータ
 〇「PPDACによる地域課題の解決策の例⑥ (南海トラフ地震に備えて~指定避難所と医療体制について~)」PDFデータ Wordデータ
  ルーブリック、ルーブリックプロセス評価(生徒の自己評価、相互評価、教員による評価)

  独自に開発した指数(Index)による事業評価(SSH事業評価システムの開発)
  独自開発のスコア方式による課題研究論文技能テスト(課題研究の過程で生徒が身に付けた能力の経年比較)
  キャリアデザインファイル、キャリアパスポート(SSH事業を始めとした様々な活動の蓄積)

【文部科学省・科学技術振興機構が作成した事例集における本校の取組紹介】

  SSH卒業生活躍事例集(全国で20名紹介、本校SSH卒業生が2名紹介 p6,7,38,39)
   スーパーサイエンスハイスクール実践事例集(本校の取組が紹介)
【成果と普及】
  JDSSP高等学校データサイエンス教育研究会(データサイエンスの普及活動:本校を含めた連携校によるデータサイエンス教材の提供)
  えひめ高校生SDGsミーティング(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)
  えひめ高校科学研究研修会(県内高校の課題研究レベルアップ・教員の指導力向上)
  中学生アドバンストサイエンス実験講座(地域の理数教育のレベルアップ)
  理数系教員育成支援プログラム(教員志望の大学生支援プログラム)
  えひめ高校生サイエンスチャレンジ(県内の高校のポスターセッション大会の運営)
  地域と連携した課題研究(砥部焼に関する本校と砥部分校デザイン科の共同研究)
  本校のSSH事業の新聞等への掲載(本校のSSH事業に関する新聞掲載)
  一人一台端末を活用した課題研究、産学連携事業等の推進(全校生徒・全教職員によるTeamsやOneDrive等の活用)

  科学系発表会への参加(令和2年度)
  科学系発表会への参加(令和元年度)
  科学系発表会への参加(平成30年度)
  松南SSHTopics(SSH事業の顕著な成果)