emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami HighSchool SSHWebsite

      
  
 

Language selection

言語の選択:


COUNTER(Since 2018)

COUNTER319733

お問い合わせ(CONTACT)

松山南高等学校
Matsuyama Minami High School

愛媛県松山市末広町11-1
 11-1, Suehiro-cho,
    Matsuyama-shi,
       Ehime, JAPAN

 TEL: +81-89-941-5431
 FAX: +81-89-933-3114

map
   (go to google map)
 

アドバンストサイエンス

《松山南SSH事業における「地域の理数教育のレベルアップへの取組》 

中学生アドバンストサイエンス実験講座


日程 令和2年8月18日(火曜日)19日(水曜日)の2日間

 中学生、保護者、教員を対象に、中学生アドバンストサイエンス実験講座を本校会議室、各実験室において、2日間実施し、36中学校 生徒134名 中学校教員37名 保護者49名 合計220名の参加があった。当日は、参加される方々が安心して体験学習ができるように、一人一人の健康観察、マスク着用、消毒等の新型コロナウイルス感染予防対策をした上に、徹底した予防対策として、本校の教員と生徒はフェイスシールドを着用して実験等の指導を行った。

 まず、理数科2・3年生の生徒たちが、本校のSSH事業における高大接続、高大連携、台湾科学交流研修、関西研修についての報告、そして、代表班による課題研究の研究発表を行った。

 その後、参加した中学生は、物理・化学・生物・地学の中から希望する2つの実験講座を各実験室で受講した。


◆物理 パソコン計測機器を用いて単振り子の運動の解析

◆化学 液体窒素を用いた極低温空気から液体酸素を取り出す実験
◆生物 口腔上皮細胞中の遺伝子を析出させる実験
◆地学 チオ硫酸ナトリウムを用いた結晶の成長観察実験

 各講座においては、理数科1・2年生の生徒たちが実験の支援役となり、中学生に対しての実験の支援や実験内容・学習内容に関する質問に対しての説明を行った。参加した中学生たちも意欲的かつ真剣に実験に取り組んでいた。講座の時間が終わっても最後まで粘り強く実験を続けてくれた中学生もいた。また、校内に生徒の課題研究ポスターも掲示し、SSH校での課題研究の魅力について説明した。


〇参加した中学校関係者 36中学校 生徒134名 教員37名 保護者49名 合計220名の参加


〇本校理数科生徒 42名 参加(SSH事業の高大接続等の説明 課題研究発表 各領域の実験のTA)