emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami High School SSH Website
松山南SSH専用Website
 
言語の選択:


お問い合わせ(CONTACT)

松山南高等学校
Matsuyama Minami High School

愛媛県松山市末広町11-1
 11-1, Suehiro-cho,
    Matsuyama-shi,
       Ehime, JAPAN

 TEL: +81-89-941-5431
 FAX: +81-89-933-3114

map
   (go to google map)
 

COUNTER

COUNTER105340

理数系教員育成支援プログラム

《松山南SSH事業 ⑫大学生支援プログラム(理数系教員育成支援プログラム

 これまで、愛媛大学との高大連携事業を17年間にわたって実施してきました。以前の高大連携事業は、講義や施設見学、研究室体験など大学側から高校への支援に偏りがちでした。
 平成22年度からは高校側からの大学支援の可能性についての研究にも取り組んでいます。本年度は下記のプログラムを用意し、大学生の皆さんの参加協力を得ながら高大連携事業に取り組んでまいります。学部・学科は問いませんので、積極的に参加していただけると幸いです。

 令和元年度プログラム
 

  

【目的】 
 将来、理数系教員を目指す大学生の皆さんに、高校生を対象とした実験・実習をメインとする学習活動の指導を一緒に体験していただきます。このプログラムが次世代の指導者を育成する一助になることを期待しています。松山南高校では、理数系教科の素養を高めるため、理数科1年生を対象に、放課後に週1回「サイエンスクラブ」という50分間の課外授業を実施しています。理数科ならではの実験・実習とその工夫の仕方、生徒の興味や反応の様子を直接見ることができ、その場で生徒や教師と質疑応答することも可能です。将来理数系教員を目指す学生にとって、授業中心の教育実習では体験できない貴重な経験になると思います。また、授業後に簡単なアンケートを実施し、今後のSSH事業の取組に反映していこうと考えています。

令和元年度の申込書(Word)はこちらです
 





平成30年度 理数系教員育成支援プログラム(教員志望の大学生支援プログラム)実施報告)

 これまでの高大連携事業は、講義や施設見学、研究室体験など大学側から高校への支援に偏りがちでしたが、平成22年度からは高校側からの大学支援の可能性についての研究にも取り組んでいます。本年度は下記のプログラムを用意し、大学生の皆さんの参加協力を得ながら高大連携事業に取り組んでまいります。学部・学科は問いませんので、積極的に参加していただけると幸いです。
  

【目的】 
 将来、理数系教員を目指す大学生の皆さんに、高校生を対象とした実験・実習をメインとする学習活動の指導を一緒に体験していただきます。このプログラムが次世代の指導者を育成する一助になることを期待しています。松山南高校では、理数系教科の素養を高めるため、理数科1年生を対象に、放課後に週1回「サイエンスクラブ」という50分間の課外授業を実施しています。理数科ならではの実験・実習とその工夫の仕方、生徒の興味や反応の様子を直接見ることができ、その場で生徒や教師と質疑応答することも可能です。将来理数系教員を目指す学生にとって、授業中心の教育実習では体験できない貴重な経験になると思います。また、授業後に簡単なアンケートを実施し、今後のSSH事業の取組に反映していこうと考えています。

平成30年10月3日(水)に1年理数科の課外授業「サイエンスクラブ(SC)」の時間を利用して、表記のプログラムを実施しました。このプログラムは理数系教員を目指す大学生・大学院生とともに実験講座を指導するという内容です。例年SSH事業(高大連携事業)の一環として行っています。今年は、生物講座に愛媛大学大学院の西條慎祐さんにお越しいただき、以下の実験講座を指導していただきました。生物と化学の科目の垣根を越えて、幅広い視野で探究することの大切さを学びました。既習事項を発展させることができ、大変有意義な講座になりました。

<テーマ> 酵母菌のパスツール効果
<実験指導> 愛媛大学大学院教育学研究科 教科教育専攻 自然科学コース 理科教育専修  西條 慎祐 さん
(他5名の学生さんがアシスタントとして参加してくださいました)

  
  

<テーマ> 日常生活の中の曲線
<指導>愛媛大学教育学部数学教育研究室の吉村直道先生 愛媛大学大学院教育学研究科の小田淳史さん(他2名の学生さん)

平成30年11月21日(水)に、1年生理数科を対象とした「サイエンスクラブ(SC)」の時間を利用して、表記のプログラムを実施しました。今回は数学の講座で、「日常生活の中の曲線」というテーマで、日常に潜む数理曲線を様々な角度で考察していきました。愛媛大学教育学部数学教育研究室の吉村直道先生からは「線分を領域内で1回転させることのできる図形のうち、面積が最小の図形は何か」(掛谷問題)をご提示いただき、生徒たちは熱心に試行錯誤して考察する姿が見られました。また、同大学大学院教育学研究科の小田淳史さん(他2名の学生さん)からは、放物線の定義やネイピア数について説明していただき、既習事項を発展させることができました。生徒たちは発展的な内容でも数理的な原理を知ろうと興味を持って取り組むことができ、充実した時間を過ごすことができました。