emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami High School SSH Website
愛媛県立松山南高等学校SSHホームページ
 
We are deeply saddened to learn of the major earthquake that struck eastern Taiwan.
We would like to express our sorrow and condolences to those affected. We all pray for their prompt recovery from the bottom of our heart.
  ―Teachers and students in Matsuyama Minami high school


お知らせ
 理数科2年菅野優海さんは,インドネシアで開催されるアジアサイエンスキャンプ2018
(8/3~8/9)の日本派遣団に選抜されました
 理数科2年木村凪さんは,広島大学が主催する
グローバルサイエンスキャンパス広島 ステップステージに進出しました
 理数科2年池田夢叶さん、菅野優海さんは、日本の代表としてアジア太平洋科学才能フォーラムに参加しました 
 
平成30年度理数系教員育成支援プログラムの御案内(理数系教員を目指している大学生の皆さんへ)
 

松山南高SSH事業について

 高等学校等において、先進的な理数教育を実施するとともに、高大接続の在り方について大学との共同研究や、国際性を育むための取組や、創造性、独創性を高める指導方法、教材の開発等の取組を実施するため、文部科学省は「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」を指定しています。本校は、SSH事業がスタートした平成14年度から本年度に至るまで、4期連続して指定を受け、研究実践に取り組んでおり、17年目を迎えています。2018年現在、本校を含めて全国で204校が指定を受けています。日々の活動の様子はこちらから御覧ください。

 

最新の松南SSH日記

SSH日記
12345
2018/09/20new

9月20日 SS砥部焼班

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 SSH砥部焼班は、先週から「イチョウ班」と「ウメ班」の2班になりました。砥部分校の里「七折の梅」を使った研究です。今日のSSは、イチョウ班は研究発表の準備、ウメ班は先輩のイチョウの灰をふるいにかける作業と、ウメの実を燃やすために種を割る作業を行いました。イチョウ班は面白い結果が出始めました。文化祭で発表します。また、新研究「ウメ班」にも御期待ください。
イチョウ(ふるい)
テストピース作り1
テストピース作り2
梅(種子割り)
17:15
2018/09/20new

9月20日(木) SS(スーパーサイエンス)第11回

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 今日のSSは今年度11回目でした。
 2年生は高文祭用ポスターと研究要旨をまとめている班がほとんどでした。その内容を十分に理解し、誰でも発表できるように発表練習を重ねていってほしいところです。
 1年生は課題研究が軌道に乗り始めた班、今まさに始まろうとしている班、さまざまです。いずれにしても、目的意識を持ち、積極的に研究する姿勢を忘れないでほしいですね。
 そして、今日もメンターの方が来てくださって、相談に乗ってくださいました!愛媛大学理学部数学科の宮内浩行さんです。
雨の中の植物観察
先生を中心に作戦会議
1年数学班がメンターと共に
2年物理班もメンターと協議
16:19 | 課題研究
2018/09/13new

9月13日(木)SS(スーパーサイエンス)にメンター来校!!

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 今日のSS(スーパーサイエンス)では、2年生は高等学校総合文化祭での発表に向けての実験やポスターの作成をし、1年生は課題研究の実験や観察に取り組みました。
  今日はメンターとして、SSH9期生神戸大学経済学部の赤﨑先輩、14期生愛媛大学医学部の伊藤先輩、岡山大学の仲矢先輩に来校していただき、課題研究のご指導をしていただきました。

    


16:25
2018/09/13new

9月13日(木) SS(スーパーサイエンス)第10回

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 今日のSSは今年度10回目でした。
 2年生は高文祭で発表に使用するポスターや研究要旨をまとめたり、研究データをさらに蓄積したり、でした。そろそろ結果も必要です。研究内容が充実するよう意欲的に取り組んでいきます。
 1年生は課題研究のテーマ決めと研究計画の立案でした。こちらも研究を既に進めている班もあれば、まだ研究計画立案中の班もあります。ここで手を抜かず、着実に前へ進んで欲しいと思います。
サンプル採取の計画中
砥部分校の協力で高縄半島のジオラマが!
水槽中の酸素濃度を測ります
釉薬作りも始まりました

16:14
2018/08/31new

8月30日(木) SS(スーパーサイエンス)第9回

Tweet ThisSend to Facebook | by hp-admin

今日のSSは、2学期最初であり今年度9回目でした。
 2年生は引き続き課題研究に取り組んでいます。2学期には中間発表や高文祭での発表もあり、いよいよペースが上がってくるころです。実験結果を踏まえ、更なる研究の進捗に向けて方向を定めていきましょう。
 1年生は課題研究のテーマ決めと研究計画の立案でした。研究のスタートですが、最初の計画立案が重要です。担当の先生とよく相談し、見通しを立ててから進めていきましょう。
     
        トマトをどうするか・・・

           
         電気分解の準備中


     摩擦力の測定も協力して行います


    先輩から研究のレクチャーを受けます


18:10
2018/08/27new

第10回 マスフェスタ<全国数学生徒研究発表会>に参加しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 8月25日に関西学院大学で行われましたマスフェスタに、本校の3年生数学班と2年生数学班の代表が参加しました。
 全国から集まった生徒による7本の口頭発表、52本のポスター発表があり、本校も「トーラスパズルの製作と研究」という題で、課題研究の成果をポスターで発表しました。全国のレベルの高さを痛感すると共に、新しい視点や感性に大変刺激を受けました。今後の研究に生かしていきたいと思います。
   


14:59 | 研究発表
2018/08/27new

『集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表会 四国大会』

Tweet ThisSend to Facebook | by hp-admin
8月25日(土)、『集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表会 四国大会』が愛媛大学で行われ、本校のSSH浸透班(井上愛理、桐畑咲良、野中綾乃)が参加し、「糖の分子構造と浸透現象の関係性」というテーマで研究発表を行いました。
研究発表や質疑応答を通して、ノートルダム清心女子高等学校と愛媛県内の6校の理系女子の交流を図ることができました。
その後、女性研究者である愛媛大学農学部教授片岡圭子先生や女性未来育成センター長の堀利栄先生の講演を聞き、「リケジョ」として、研究分野の第一線で活躍することの意義を深く理解することができました。
 
 

14:19
2018/08/24new

8/22(水) IRC訪問(CR)

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

CRの研究で、いよぎん地域経済研究センター(IRC)を訪問しました。

 8月22日(水)、2年8組の3人がいよぎん地域経済研究センター(IRC)を訪問し、CRで研究している、地域創生に関してのデータ分析や活用方法、地域の活性化プランなどについてご指導いただきました。ご多忙の中ご指導いただきました、中川様、渡辺様、本当にありがとうございました。
  


07:12 | 課題研究
2018/08/16

第20回中国・四国・九州地区理数科高等学校課題研究発表大会

Tweet ThisSend to Facebook | by hp-admin

8月16日(木)、17日(金)、佐賀県佐賀市文化会館において、
中国・四国・九州地区理数科高等学校課題研究発表大会が行われています。本校からは、数学班、地学班が参加し、これまで研究してきたことを分かりやすく伝えるように練習を重ねてきました。本日は、ポスター発表があり、審査員の先生からの質問に、誠実に丁寧に対応しました。この後、生徒交流会で他校との交流を深めます。また、明日は、ステージ発表・講演会が行われます。


 
 


17:19
2018/08/11

8月1日(水)・2日(木) 砥部焼班、先進校視察(佐賀県立有田工業高等学校)へ

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 平成30年度「地域に生き・地域とともに歩む高校生育成事業」に参加しているオール松山南プロジェクト「砥部焼の魅力再発見プロジェクト」の一環として先進校視察を行いました。参加者は本校SSH2名、分校デザイン科5名でした。

 初日 朝7時に砥部分校を出発し、15時に「九州陶芸文化館」に到着しました。ここでは、歴史的・美術的価値がある焼き物が展示されており、歴史的な背景や色・形などのデザイン性についても詳細に見ることができ、素晴らしい研修になりました。その後、釉薬の専門店を訪問し、釉薬の発色について専門家から教わり、焼き物店を訪れて現在作られている有田焼の色やデザインを実際に見ました。
九州陶芸文化館

研修(陶芸文化会館にて)
研修(陶芸文化会館にて)
研修(陶芸文化会館にて)
有田焼(陶芸文化会館)
有田焼(陶芸文化会館)
研修(釉薬専門店にて)
研修(釉薬専門店にて)
現地研修
現地研修
現地研修
泉山陶石場にて

  2日目 宿舎の近くにある 国の重要文化財に指定されている「武雄温泉」を見学し、今回の研修のメインである「有田工業高校訪問」を行いました。平成元年に建てられた校舎は、施設・設備とも我が校とは比較できないほど立派なものでした。そこで、セラミック科の先生方に釉薬の研究についてお話を聞かせていただきました。「イチョウの灰を使って紫の発色」には難色を示されましたが、可能性や研究方法について親切・丁寧に御指導していただきました。その後、デザイン科の先性がからの説明を聞き研修することができました。
武雄温泉(桜門)

武雄温泉(新館浴室にて)

研修(有田工業にて)
研修(有田工業にて)
研修(有田工業にて)
現地研修

 今回の研修を生かした研究を今後実施し、イチョウの灰を使った釉薬の研究を進めていきたいと思います。
 なお、本事業は、本校SSHで「イチョウの灰」を使った釉薬の研究。分校デザイン科で、SSHが作った釉薬を用いたアクセサリーの商品開発を行う予定です。研究の経過等については、文化祭等で発表を行う予定です。
最後に、今回の訪問に際しまして、佐賀県立有田工業高等学校の先生方には本当にお世話になりました。心より感謝申し上げます。


10:53 | 課題研究
12345