emblem Ehime Prefectural Matsuyama Minami HighSchool SSH Website

                                                 
 
言語の選択:


お問い合わせ(CONTACT)

松山南高等学校
Matsuyama Minami High School

愛媛県松山市末広町11-1
 11-1, Suehiro-cho,
    Matsuyama-shi,
       Ehime, JAPAN

 TEL: +81-89-941-5431
 FAX: +81-89-933-3114

map
   (go to google map)
 

COUNTER

COUNTER212215

松南SSH Topics

2020.04.08:日本統計学会スポーツ統計分科会主催 第9回スポーツデータ解析コンペティション中等教育部門で最優秀賞を受賞
2020.03.31:文部科学省から令和2年度スーパーサイエンスハイスクール指定校(先導的改革型)の内定をいただきました
2020.03.13:令和元年度スーパーサイエンスハイスクール研究開発実施報告書(第5年次)を掲載しました
2020.03.03:令和元年度松山南高校スーパーサイエンスハイスクール研究成果報告会の中止について(PDF)
2020.02.10:えひめ高校生SDGsミーティング2020(本校主催)を開催しました
2019.12.13:台北市立建国高級中学(本校姉妹校)が来校し、多くの国際交流活動を行いました

2019.11.20:普通科2年生の課題研究が
第3回和歌山県データ利活用コンペティションで全国2位を受賞しました
2019.11.18:
日本学生科学賞愛媛県審査表彰式が行われ、入賞した3作品の代表生徒が参加しました
2019.11.17:国立オリンピック記念青少年総合センターで、
統計データ分析コンペティション(総務省)の表彰式が行われました
 2019.11. 1:SSHアメリカ研修でSSH1期生(コネチカット大学勤務)によるノーベル化学賞に関する実験を行いました
 2019.10.27:理数科生徒の課題研究が坊っちゃん科学賞研究論文コンテスト(東京理科大学)で全国ベスト5に入賞しました
 2019.10.18:普通科生徒の課題研究が統計データ分析コンペティション(総務省主催)において全国2位の優秀賞を受賞しました

 2019.10.17:理数科生徒の課題研究が日本学生科学賞愛媛県審査で県市町教育委員会連合会長賞、優秀賞を受賞しました 
 2019.10.17:普通科生徒の課題研究が第67回統計グラフ全国コンクールで入賞しました
 ※ 9月以前のSSHTopicsはこちらです
 

松山南高SSH事業について

 高等学校等において、先進的な理数教育を実施するとともに、高大接続の在り方について大学との共同研究や、国際性を育むための取組や、創造性、独創性を高める指導方法、教材の開発等の取組を実施するため、文部科学省は「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」を指定しています。
 本校は、SSH事業がスタートした平成14年度から本年度に至るまで、5期連続して指定を受け、研究実践に取り組んでおり、19年目を迎えています。4期にわたる指定が必要な第5期の先導的改革型には、全国で、本校と立命館高等学校の2校だけが指定を受けました。
研究開発課題を新しい価値を創生する国際競争力を持った科学技術人材育成-Society5.0の実現に向けたSTEAM教育-」とし、リーディング校として取り組んでまいります。第5期SSHの概要はこちらになります。

 なお、松南SSH英語版ホームページは、生徒が更新しています。
  日々の活動の様子はこちら
    科学系コンテスト等の結果はこちら  松南SSH英語版ホームページはこちら

 

最新の松南SSH日記

SSH日記
12345
2020/05/29new

令和2年5月28日(木)のスーパーサイエンス(SS)

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 学校再開となって、初めてのスーパーサイエンス(SS)の時間です。5時間目に2年生がSSのガイダンスを受けた後、各班に分かれて、今年度の研究計画を立てたり、中断していた実験を再開させたりしていました。6時間目には1年生がSSのガイダンスを受けました。3年間のSSH事業の中心となる課題研究を進めるに当たっての心構えを学びました。7時間目には、2年生の先輩による英語での研究発表を聞くことで、1年後の目指すべき姿を肌で感じていました。3年生もホームルーム教室で、今年度応募するコンテストの計画を立てたり、論文を仕上げたりしていました。
      

07:34 | 課題研究
2020/04/28

梅の枝を使った釉薬の研究(青色編)

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 SSHが「オール松山南高」の事業の一環で行っている釉薬の研究は、イチョウの紫色、梅の赤色と続いてきました。しかし、現在の状況では、新しい研究が進んできません。その間に、「梅のおいちゃん」を自称する教員が、七折の梅の灰とフリット(ガラス粉)を用いた青色釉薬の研究をしてみました。研究途中ですが、砥部分校デザイン科の生徒さんが作った湯飲みと小皿の素焼き作品があったので、デザイン科の先生に協力していただきながら焼いてみました。もう少し青が濃くて流れにくい釉薬が目標ですが、写真での感じはいかがでしょうか。なお、イチョウの紫色、梅の赤色、今回の青色に発色している金属元素はすべてCuに由来しています。おもしろいですね。



08:20 | 課題研究
2020/04/06

第9回スポーツデータ解析コンペティション中等教育部門 最優秀賞

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 4月6日(月) 旧207HRの丹下君,川留君,代木君が,日本統計学会スポーツ統計分科会主催 第9回スポーツデータ解析コンペティション中等教育部門 最優秀賞を受賞しました。

 標記のコンペにおいて,R1年度207HRの丹下君,川留君,代木君の班がCRⅡで作成したポスター作品『バスケットボールにおけるシューターがつくる波の価値を探る!』が,全国50を超える応募の中から栄えある最優秀賞を受賞しました。Bリーグ(バスケットボールのプロリーグ)川崎ブレイブサンダース所属篠山竜青選手の3ポイントシュートが試合の波にどのように影響しているのかを分析しました。CRではテーマがなかなか決まらず,やっと決まっても膨大な量のデータを処理するなど,たくさんの苦労がありましたがそれが報われました。1,2年生のみなさんも是非チャレンジしてみてください。
 


18:11 | 研究発表
2020/04/06

梅ちゃんズの赤色(梅の小皿完成)

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 オール松山南高の一環で、デザイン科と共同で行ってきた七折の梅を使った赤色釉薬の研究で、最終的な作品(小皿)が出来上がりました。前回の報告でもありましたが、七折梅の枝灰を用いた赤色釉薬の上から、少しだけ熔けやすい透明な釉薬をコーティングすることできれいな赤色を出すことができ、今回の作品にも使いました。梅ちゃんズの研究は続きますが、デザイン科烏谷先生の御指摘もあり、小皿の赤色は今回の色にさせていただきます。今後、機会を見つけて今回の研究内容や成果を発表・展示していきたいと思いますので御期待ください。
 


18:10 | 課題研究
2020/03/04

砥部焼き梅ちゃんズの七折梅まつりでの活動中止(3月7・8日)

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 この度のコロナウィルスの影響で、七折梅まつりそのものが3月3日をもって中止になったのに伴い、砥部焼梅ちゃんズの活動も中止することになりました。七折梅まつりでの砥部焼梅ちゃんズの活動を楽しみにしていただいていた方々には申し訳ありません。また、釉薬についていろいろとお問い合わせいただきありがとうございました。
 この研究は、分校デザイン科とのオール松山南高で行っているものであり、松山市や砥部町で行われる行事にもできるだけ参加し、研究結果・成果をお見せしていきたいと思っていますので、その節にはよろしくお願いいたします。
 さて、先日のHPで、デザイン科の生徒制作の梅をイメージした豆皿の窯出しが3月3日に行われると御案内させていただきました。その結果、本来なら赤くなる予定でしたが、淡い青磁のようなきれいな色になりました。この作品は、七折の白梅を表したきれいなものです。でも、ちょっとした還元状態の違いにより、このような色に変化が生じることで、天然釉の発色に改めて強い興味を感じました。
  


08:47
2020/02/20

2月20日(木)本日の2年生理数科のSS

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 先週の課題研究発表会で先生方から評価をしていただきました。生徒同士でも相互評価を行いました。各グループにおいて、新たな課題が得られ、今後の研究や成果発表に生かされることでしょう。どの班も3月13日に開催されるSSH研究成果発表会においては、全員が何らかの発表をしますので、先週の発表会で得られたことを踏まえながら準備をしている班が多いようです。また、2年生の先輩が培った動画解析の方法を後輩たちに伝えている姿も見られました。このようにして松山南高校のSSの伝統は受け継がれていくのです。
     
18:07 | 課題研究
2020/02/20

オール松山南高事業 砥部焼梅ちゃんズ 七折梅まつりに出品

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 オール松山南高事業で、高校生の視点で砥部焼を活性化する研究が3年前から行われてきましたが、梅の花をイメージした豆皿を、2月20日(木)~3月10日(火)に開催される、七折梅まつりに出品することになりました。写真の豆皿の赤色は、11月の分校の文化祭のときの赤ですが、今回の赤は、先日のSSH成果報告会で発表した透明感のある赤色になる予定です。出品作品は、分校の窯で2月27日に火入れし、3月3日に窯出しする予定です。
 この事業で、砥部焼梅ちゃんズは3月7日(土)、8日(日)の2日間、梅まつりの販売所に行って、説明・販売をいたします。是非とも御来場ください。また、3月6日(金)のゴゴスマで15:30頃から梅まつりの会場で、豆皿をデザインした分校生のインタビューが生中継されます。お楽しみに!

     


17:49 | 研究発表
2020/02/20

西条高校SSH研究成果報告会 参加

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 2月19日(水)に西条市総合文化会館で西条高等学校SSH研究成果報告会が開催され、本校から3班6名が参加をしました。ステージ発表では普通科2年生Forest Girlsが「100円グッズを活用した簡易的な人工林の健康診断 ~生物多様性の保全と減災の両立を目指して~」について発表し、ポスター発表では理数科2年生の数学班が「素数の累乗と約数の総和の関係について ~倍積完全数に迫る~」、浸透圧班が「ヒドロキシ基の配置の違いが浸透現象医及ぼす影響」について発表しました。どの発表にも興味を持って聞いていただき多くの参考になる質問や意見をいただきました。参加した生徒は、西条高校の熱心な活動の様子を発表を通して感じることができ、大いに刺激を受けました。
  Forest Girlsのステージ発表
  数学班のポスター発表
  浸透班の発表


17:02 | 研究発表
2020/02/17

2/13(木) 課題研究校内発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 2月13日木曜日午後、理数科2年生による課題研究発表会が開催されました。聴衆として理数科1年生生徒全員と本校の教職員の先生方に参加していただきました。発表7分、質疑応答4分で全部の班が発表しました。質疑応答においては、1年生からも鋭い質問が出るなど活気あふれる発表会でした。2年生にとっては一つの節目となる研究発表会でしたが、これで終わりではありません。今日得た知見をもとに、次の発表会や最終論文作成までにさらによりよいものになるよう頑張ってほしいです。1年生は先輩の姿を見て、来年の自分たちの姿をイメージできたのではないでしょうか。自分たちの研究に愛を持って取り組んでいきましょう。
       
18:00 | 研究発表
2020/02/12

えひめ高校生SDGsミーティング2020開催

Tweet ThisSend to Facebook | by hp-admin

 2月9日(日)に本校主催で、標記のミーティングを開催しました。SDGs達成に向けて高校生が取り組んできた事例を発表するとともに、それらをお互いに共有し、新しい活動や取組につなげることが目的です。県内10校から生徒33名、教員11名、久万高原町地域おこし協力隊の方1名が参加し、講師の先生を合わせて総勢47名で活発に意見交換しました。以下にその様子とワークショップでまとめた提言集を紹介します。
<講師>
 小林  修 博士(愛媛大学国際連携推進機構/准教授)
 常川真由美 さん(えひめグローバルネットワーク/理事)
<事例発表>
 愛媛県立宇和島東高等学校「What we can do against Water problem」
 愛媛県立上浮穴高等学校「ヨーロッパの森や街から考える久万高原町」
 愛媛県立松山南高等学校「目指せ!エシカルコンシューマー」
 愛媛県立西条高等学校「西条の歴史・文化に学ぶ」
<その他参加校>
 愛媛県立土居高等学校、愛媛県立今治西高等学校伯方分校、愛媛県立今治北高等学校、愛媛県立北条高等学校、愛媛県立八幡浜高等学校、愛媛県立小松高等学校(教員のみ)
<ワークショップ:地方に住んでいるからこそ実現できるSDGs的な生き方>
【提言集】
・呼び込み農業  ・全員で一緒に変えていく町
・教育を充実させる(ゴール4と11ができると、ゴール5と16が達成できる)
・持続可能な消費と生産   ・地方から都市に発信する(職業と技術)
・高校を拠点とする地域創生   ・好きなところに行ける
・疑似三世帯による少子高齢化の打破!!

 2020年2月12日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20200212-001)

 
 
 
 
 
 


18:45
2020/02/03

サイエンスチャレンジ2019

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 2月2日日曜日 えひめサイエンスチャレンジ2019に参加してきました。本校からは、一般参加部門では、水滴班、クモ糸班、アサギマダラ班、釉薬班、倍積完全数班が、プログラム参加部門では、光の干渉班、浸透圧班が、ポスターによる研究発表を行いました。県内から集まったたくさんの高校生や大学の先生方にポスター発表を聞いていただくとともに、多くの質問やアドバイスをいただくことができました。今後の研究活動に生かして生きたいと思います。物理分野で、水滴班が努力賞を受賞いたしました。
        
17:52 | 研究発表
2020/02/03

英語プレゼン研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 1月30日木曜日、愛媛大学総合情報メディアセンター・メディアホールを会場に、英語プレゼン研究発表会が開催されました。1年生理数科生徒の中から選ばれた代表の3グループがこれまでの研究内容についてパワーポイントを用いて英語によるプレゼンテーションを行いました。7分間の発表と10分間質疑応答をした後、愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター特定研究員Ritterbex Sebastian氏、本校ALTのtehya先生にプレゼンテーションの内容や発表方法・技法についての具体的なアドバイスをいただきました。質疑応答も英語で行われ、悪戦苦闘しながらも、質問者・発表者ともに英語で対応をしていました。発表するスキル、聞き手のスキルをこの発表会で学ぶことができました。最後に生徒が「文章を読んだり、聞いたりすることはできるが、咄嗟に英語で対応できる力がないと痛感したので、英語で話す力を身に付けたい」と述べていたように、英語への意識の変容が多々見ることができ、有意義な発表会となりました。今後も「勇気」「大きな声」「笑顔」で様々な発表会に挑んでいきましょう。
        
17:50 | 研究発表
2020/01/30

砥部焼梅ちゃんズ!七折梅まつりに出品!

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 七折梅の灰で釉薬を開発していた砥部焼梅ちゃんズ。その釉薬を使った小皿が、「第30回七折梅まつり」に出品されることになりました。1月29日(水)に、ななおれ梅組合の事務所で、代表理事をされている 竹内 様と副組合長をされている 川口 様と打ち合わせをしました。そして、梅まつりが行われる2月20日(木)から3月10日(火)までの間ポスターと作品展示を行うこと。3月7日(土)、8日(日)の両日は、本校SSH砥部焼梅ちゃんズと分校の焼き物班の生徒が現地に赴き、作品(梅の花柄の小皿)の販売を行うことに決まりました。今回の作品は、砥部分校の文化祭で販売したものよりさらに色やデザインが向上していますので、楽しみにしていてください。なお、この暖かい冬の影響で、梅の開花が例年より早いそうです。販売当日まで、梅の花が満開であることを祈っています。
  


07:13 | ニュース
2020/01/24

えひめスーパーハイスクールコンソーシアム

Tweet ThisSend to Facebook | by hp-admin
 1月24日(金)、松山市総合コミュニティセンターで開催された「えひめスーパーハイスクールコンソーシアム in 中予」(中予地区の高校生500名参加)に理数科1年生と2年生CR森林班が参加しました。「100円グッズを活用した簡易的な人工林の健康診断~生物多様性の保全と減災の両立を目指して~」の内容について、本校2年生CR班2名がステージ発表を行いました。ステージ発表が今回初めてで、緊張の連続の中での発表でしたが、落ち着いて発表することができ、多くの方に興味を持って聞いていただけました。聴衆として参加した理数科1年生は、発表に対して率先して質問を行い意欲的に取り組むことができました。
     


17:37
2020/01/24

1月23日木曜日 理数科SS(スーパーサイエンス)

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
2年生
 今日のSSも先週に引き続き、実験、実験データの分析、論文の仕上げ、発表の準備などに勤しんでおります。アサギマダラ班は自作の風洞実験装置を用いてアゲハチョウ(先週はアサギマダラ)が飛行するときの空気の流れを観察しています。アサギマダラと比較してどのような違いが見られるのか、結果が楽しみです。重金属班は、貝殻の粉末に金属イオンを吸着させる実験をしていました。どの程度吸着されているか、こちらも結果が楽しみです。
      
16:48 | 課題研究
2020/01/22

令和2年1月16日(木)SS

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 3学期となり2年生のSS(課題研究)も仕上げの時期となってきました。2月には、校内外の研究発表会があります。どの班も研究の仕上げに向けて、実験やデータ解析を行ったり、発表に向けての資料作りを行ったりしていました。それぞれの研究がどのように仕上がっていくのかがとても楽しみです。
       
 1年生の英語プレゼン班は、寝ても覚めても英語スライドのことを考えています。
 データを収集している班もあります。残り少ない期間でどこまで発展させることができるかな?
    

07:12 | 課題研究
2020/01/10

1月9日(木) SS(スーパーサイエンス)1年生

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 1年生は、1月30日の英語プレゼンに向けて発表班は準備を行っています。それと平行して論文・ポスター作成も行っています。
    


07:25 | 課題研究
2019/12/20

関西研修を終えて

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 3日間の研修を終え、持続可能な科学発展のために高校生である私たちに何ができるかを仲間と議論しながら真剣に考えることができたと思います。この研修で受けた刺激をこれらからの学習や課題研究、進路探究に生かしていきます。
2日目の夜間研修(卒業生との交流会)
    
最終日Spring-8とSACLA訪問
    


13:36
2019/12/19

関西研修3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

関西研修最終日です。

 全員元気にホテルを出発しました。

 今日は兵庫県立人と自然の博物館と播磨科学公園都市を訪問します。少しでも多くのことを吸収して帰ってきます!

  


12:44 | ニュース
2019/12/18

関西研修2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 今日は京都大学とJT生命誌研究館を訪問します。みんな元気です。朝食をしっかり食べて出発します。
  
 関西研修2日目は京都大学とJT生命誌研究館を訪問しました。京都大学では、小雨が降っていましたが、志望校に決めている生徒も数名おり、とても熱心に散策している姿が印象的でした。JT生命誌研究館では、生物の初期進化と陸上植物の起源について深く学ぶことができました。

    

 

 

 


16:47 | ニュース
12345